思い出に残る婚約指輪|年齢に合わせた宝石の選び方

婚約するときの指輪

熊本で婚約指輪のダイヤモンドを選ぶときには、日常での使用を重視する人は、サイズの小さなダイヤモンドを選ぶことが大切です。サイズの小さなダイヤモンドでも華やかな雰囲気の婚約指輪にしたい場合には、小さなダイヤモンドを敷き詰めたデザインにしましょう。

ダイヤの品質基準

婚約指輪に、ダイヤを選ぶかた大半です。それは、価値基準が明確に決められており、安定した価値があるからです。4Cが、ダイヤのグレードと品質を表します。その中で、重さを表すカラットは、1カラットで0.2グラムです。カラットは、値段に大きく影響します。熊本では、駅周辺で探せます。

年代に応じた宝石の魅力

男の人と女の人

価格に見合った宝石選び

日本で、婚約指輪にダイヤが使われるようになったのは1970年代といわれています。当時、宝石メーカーのコマーシャルで、「婚約指輪は給料の3カ月分」というキャッチフレーズとともに、ダイヤの宣伝が行われ一般に広まってとされています。現在、熊本で婚約指輪を購入する時の相場基準は、年収の8%〜10%程度になっています。したがって、年齢が上がると年収も上がりますので、それに応じた価格となります。例えば、20代で平均年収が300万から350万前後とすると、婚約指輪の相場は20万円から30万円となります。また、婚姻数が多い熊本の30代は、平均年収を400万から500万とした場合は、婚約指輪の相場は30万円から40万円となります。同様に、40代から50代ですと40万円から50万円となります。熊本で販売されている婚約指輪がダイヤであれば、どの価格帯でもその金額に応じたグレードで選ぶことができます。ダイヤは、4Cといわれるグレードが国際的に決められています。4Cは、大きさを表すカラット、色味を表すカラー、透明度を表すクオリティ、そして輝きを表すカットになっています。ダイヤが婚約指輪に選ばれる強みは、まさにこのような価値基準が明確であることです。しかしながら、熊本に住んでいる30代以上の仕事勤めの女性は、すでにダイヤなどの宝石を数多く持っている可能性があります。その場合は、ダイヤ以外の宝石で選ぶことも可能です。ダイヤ以外の宝石で、婚約指輪に向いているのは、ルビーとサファイヤが硬度もあり適しています。ただし、サファイヤは落ち着いた印象を与えるので、年齢を考慮する必要があります。

Copyright © 2017 思い出に残る婚約指輪|年齢に合わせた宝石の選び方 All Rights Reserved.